永遠のカタチ 7/20 ~サークルメンバーと一つの時代~

**************************************************
【永遠のカタチ7/20 ~サークルメンバーと一つの時代~】

気持ちに迷いがなくなった私は、

3/13の朝から、

すでにコンサートの件で連絡をとっていた
サークルメンバーをはじめ、

(といっても、その時までは
2-3人しかいなかった)

過去のメールに遡り、
メールアドレスがわかる限りのメンバーに

Kさんからのメールを引用しつつ
病状を伝えるメッセージを送りました。

メッセージを受け取ったメンバーが
また、連絡のできるメンバーに繋いでくれ

その日のうちに、

Kさんの2学年上の代から
2学年下の代までの、
主なメンバーに連絡をすることができました。

その際に、大きな役割を担ってくれたのが
私の代で副会長をしてくれたA君でした。

Kさんの病状をメッセージすると
A君は、すぐに私に電話をくれました。

A君はメールの内容を読んで、私以上に
Kさんの病状を深刻にとらえている様子でした。

二人で話した結論は、
まず、Kさんの現状を確認するために
Kさんに電話をかけてみようということでした。

メールのやり取りには時間がかかっていることを
A君に指摘され、

(現に、最初のメールと2通目の間には1週間も
時間がかかり、今も、また4日も返事がないこと)

私も、急に心配になってきました。

こうした点、やはり私は楽観的すぎます。

その日の夕方、
A君がKさんに電話をかけてくれました。

A君から、みんなへの情報共有メールから
==
本日の夕刻に僕から直接Kさんへ電話をしました。
20分程度の会話でしたが、少し声に張りがない
ことを除き、至って普通に話はできました。
色々と話はしましたが、特に現状については、
その都度答えるのも大変だと思いますので、
確認したことを記しておきます。
ご了承ください。

■状況
11月前後から休職に入り、ご自宅で療養中。
病院については特にルーティンではなく、
必要に応じて通院治療中である。

家の中では自力で動けているようですが、
疲れやすく長時間歩くのは厳しい。

食事については、なんとか食べれているけどね、
という表現でした。

平日は奥様はお仕事に出かけられていて、
日中は暇をもてあましているそう。

見舞いについては、どうしても
身の回りの問題があるでしょうから、
奥様の在宅時にさせていただきたい旨を
提案したところ、同意してくれました。

奥様のお休みは、週末土日2日間とのことです。

もちろんKさん自身は、週末以外でも良いと
言ってくれています。
平日お休みの方もいらっしゃるでしょうし、
各自個別に連絡を取っていただいても良いと
思います。

Kさんの連絡先は、
***-****-****

==

A君の電話連絡の判断や
Kさんについての現状の確認は的確で
本当に助かりました。

こうして、みんなへの連絡は
本当にあっという間に
1日で行うことができ、

その後、

各学年や、バンドごと、近しい友人同士で
お見舞いに行く予定を立てたメンバーからの
報告や情報共有が相次ぎました。

私もそうであったように
壁を感じていたのは
Kさんの方だったのかもしれません。

A君が電話した後、
私も、Kさんと電話で話しました。

メールから伝わってきたのと同様に
変わらない、昔のKさんの口調。

決して状況は楽観できないと思いながらも

声を聴くと、少しほっとしたのは事実でした。

(つづく)8/20話へ

(はじめから読まれたい方はこちら)

TO TOP

世界のハッピーはお母さんのハッピーから