永遠のカタチ 16/20 ~東京コンサート・当日~

【永遠のカタチ16/20 ~東京コンサート・当日~】

『お母さんシンガーソングライターしまひろこ
お母さんわっしょいin 東京』

と題して行われた、
私の初の東京コンサートは

2016年4月2日(土)、

北区王子駅近くの「北とぴあ」
という芸術センター内の
「ペガサスホール(173席)」で行いました。

この日までの道のりは、
今思い返しても、Kさんとの再会の他にも、
色々な出会い・再会がありました。

困難と思うことの殆どは
自分が作っていた壁でした。

それに気づき、何か手だてはないかと
前向きに行動し始めると
壁は一瞬にして消えていくものばかりでした。

当初、ためらいがちたった
東京の友人へのコンサート案内も

自分で作っていた壁を越えると
嬉しい再会が沢山待っていました。

小学・中学の地元の友人、高校時代の友人
大学時代の友人・先輩、板橋時代のママ友、
中学時代の恩師、
社会人になって、初めて仕事についたときの
先輩も来てくださいました。

せっかくの関東だからと
東京近県から、小さなお子さんを連れて
家族で来てくれた友人家族もいました。

母が声をかけてくれた、私を小さな頃から
知ってくれている地元の方々。

このコンサートの切っ掛けをくれた
板橋の亜希ちゃんのお友達、

ゲスト出演してくれた
キッズチアの家族の方々。

皆さんのおかげで、当日を
173席満席で迎えることができました。

運営面も、

なかなか現地でお願いできるあてがなかった
音響スタッフは、広島から来てくれました。

今回は、、、と、あきらめかけていた託児も
予算内で快く引き受けてくださる、
北区の子育てサロンさんとの出会いがありました。

満席で迎えてくださっている来場者の皆さまに、
さらに何か喜んでもらえるものをと願った時、
広島の企業さんとの出会いがあり
来場者全員分の協賛品プレゼントを
頂くことができました。

本当に、このコンサートに関わってくださった
全ての方に、心から感謝しています。

そうした会場で、創ったばかりの
『永遠のカタチ』を初披露しました。

ほんの数日前は

もしかしたらここに、Kさんが奥様と来て、
聴いてくれるかもしれない

と思いながら、準備していた曲ですが、

もう、それは不可能だと知りました。

2日前にKさんと会って、

Kさんの病の重さや苦しみも知りましたが、

そうした中でも変わらないものや、
愛し愛されている姿も見ることができました。

Kさんと実際に会えたことで
この歌に込めた私の想いはズレてない
と確信もできました。

自分の中にある永遠のカタチ、、、

私、やっぱり歌が好きだよ

またこうして歌っているよ。

今、歌っているよ。

『お母さんシンガーソングライターしまひろこ
お母さんわっしょいin 東京』リアル報告はこちら

(つづく)17/20話へ

(はじめから読まれたい方はこちら)

TO TOP

世界のハッピーはお母さんのハッピーから