「Shall we sing?」カテゴリーアーカイブ

「Shall we sing?」~ひがし野ひろしま市編~第5話

~ひがし野ひろしま市編~
お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第5話:「ふしぎ野の森コンサート」と「少女時代」


冬のある日、「広報 ひがし野ひろしま」をめくっていると、ファミリーコンサートの案内が目に入った。

++
中高生ボランティアリーダー育成/ユースチャレンジャープレゼンツ
第5回 ふしぎ野の森のコンサート
観覧無料。市民ミュージシャン、パフォーマーの皆さんと、親子で楽しい時間を過ごしませんか?
++

「コンサート」「ミュージシャン」という言葉が、広報誌の上で、なんだか眩しく見えた。

私は、たぶん、小さな頃から歌が好きだった。

なぜ「たぶん」かと言えば、自分でも歌が好きだと気付いたのは、かなり大きくなってからで、最近気がついたと言っても良いからだ。

思えば、幼稚園に入園し、先生がオルガンを弾きながら歌う姿にあこがれた。

たまたま当時、家に足踏み式のオルガンがあったので、それをめちゃくちゃに弾いて遊んでいたら、母親が音楽を好きなのだと思い、クラシックピアノを習うことになった。

今では、音楽の習い事としては、リトミック、歌もあるだろうし、楽器の種類も選べるかもしれないが、私が小さい頃は、音楽の習い事といえば、=ピアノだった。

すごい勢いでオルガンを弾いていたのだから、きっと親も期待したのかもしれないが、よく考えればクラシック音楽とは縁遠い家だったし、全く耳慣れない音楽を弾くのはあまり興味が持てず、そもそもピアノにあこがれていたわけではなかったので、ピアノの練習にはあまり熱心になれなかった。

しかし、両親は早々に私にYAMAHAのアップライトピアノを買ってくれた。これがあったので、その後、何度も私はピアノの習い事を辞めたいとも思ったが、結局、高校生を卒業するまで、 通い続けることになり、ピアノを聴かせるほどの腕はないが、楽譜の読み書きや、音感は身に付いたようだった。

私は地元の中学を卒業すると、都内の女子校に進学した。勉強に熱心な真面目な生徒の多い学校だった。その分、先生たちや授業はとても穏やかで、ある程度、生徒の自由にさせてくれる校風だった。ある時、音楽の授業で、友達同士でグループを作り、「どんなジャンルの音楽・どんな発表形式でも良いので1曲披露する」という課題が出たことがあった。

++
しまひろこ楽曲のCD/1曲ダウンロード 試聴はこちらから♪
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

その時、私は友人2人と一緒に組んだのだか、真っ先に歌を歌うことを提案した。この発表の提案を聴いたとき、どうしても歌いたい歌があった。

当時、YAWARAという柔道少女のアニメがテレビ放送されており、原由子さんが歌う『少女時代』というエンディングテーマが、どうにも好きだった。

ちょうど女子高生生活を描いた、キュンとする歌詞で素敵だったのだ。

私は2人にこの曲を提案し、承諾された。

それからの私は、『少女時代』のシングルCDを買い、何度も何度も聴きながら、メロディを譜面に書いた。

そして、せっかく3人で歌うのだからと、サビの部分はメインメロディーに加え、下と上にハモリのパートを作った。

今思えば、この私の提案に付き合ってくれた友人2人にも本当に感謝している。2人はこの私の、異様に熱の入った『少女時代』3部合唱の練習に付き合ってくれたのだから。

そして発表の日、各グループ、いろいろな形式の発表があった。ヴィオリンとバレエのペア、3ピースのバンド演奏したグループもあったと思う(なんか、みんなも凄い特技の披露!)。

そんな中では、私たちのアカペラ3人合唱というのはとても地味だったと思うが、ハモリが綺麗だったと、先生や他の同級生に褒められ、発表した後、3人とも大いに興奮したことを覚えている。

そして私は、この時の経験を通じて、世の中には原由子さんのように「自分で歌詞もメロディーも作って、そして歌っている人がいる」ということを、強く意識するようになった。

いつしか、「私も、自分で作った歌を発表してみたい。」と思うようになっていた。

つづく

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★励みになります↑

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

TO TOP

「Shall we sing?」第4話

~ひがし野ひろしま市編~
お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第4話:かして どうぞ


息子の名前は和宏(かずひろ)という。

夫の両親が、夫の名前を付けるときに、自分たちの名前の響きを一字ずつ入れて名前を付けていたので、私たち夫婦もそれに習い、「広子(ひろこ)」と、夫の「一彦(かずひこ)」の名前から、一字ずつ響きを取って命名した。意外と簡単だ。

和宏は、平成18年4月1日生まれ。4/1というと、学年で一番最初生まれ?と思われるかもしれないが、実は、日本の学年で言うと、学年で一番最後の生まれの子となる。和宏の年でいえば、平成17年4月2日生まれ~平成18年4月1日生まれまでが同学年となるのである。

あと数時間お腹の中に居れば、次年度の学年最初生まれとなっていたのだが、、、どっちが彼にとって得?だったのかは、わからない。今のところ幼児の彼は、何をするにも月齢で扱われることが多いので、特に同学年の子との差異を意識する機会は少なかったが、子育て広場などで同学年になる子と出会うと、幼児の頃の12か月の心身の成長幅はかなり大きいと思った。

さて、初期登録をした子育て広場「夢★もくば」には、かなりの頻度で通っていた。

和宏のお気に入りのおもちゃコーナーは、木の電車のおもちゃと、トミカがあるエリア。

++
しまひろこ楽曲のCD/1曲ダウンロード 試聴はこちらから♪
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

このおもちゃコーナーは、男の子に人気だ。和宏も、限られた木のレールを自分なりに組み合わせて、毎回違うコースを作り、新幹線を走らせている。

さらに、このコーナーには、トミカもあった。3段引き出しのあるプラスチックケースの中には、とても綺麗なトミカが勢揃い。男の子たちの目が輝く。棚の横にたたんであるトミカタウンの敷物を広げ、その上で、車を走らせて遊ぶこともできた。

このコーナーだけは木の柵で囲われており、私も柵の中に入り一緒に遊ぶこともあったし、他のお友達も入ってきてスペースが必要な時は、私は柵の外で見守った。

他のお友達が入ってきた時、私がちょっとドキドキして見守っていたのは、新幹線の行方。3両がつながる形の新幹線は、1セットしかなかった。

和宏はお気に入りの新幹線を手にすると、絶対離さず、他の子と取り合いになることも多かった。

じーっと順番を待っている子。

「か~し~て~!」と、声をかけてくる子。

そう言われても、自分のお気に入りを手放せず、遊び続ける和宏・・・。

私の方が見ていられず、

「かずひろ~、新幹線くん、他の子にも遊ばせてあげようよ~。『ど~う~ぞ~』だよ~。」

と私が割って入ると、和宏は取られまいと新幹線を手に背を向けている。

「かずひろ~、 『ど~う~ぞ~』だよ~。」

ここで、私が我慢できなくなり、無理やり新幹線を奪ってお友達に渡そうとして、何度、和宏と格闘したことか。。。

結局、おもちゃを取り上げられて、怒って泣く和宏を横目に、お友達もどこかに行ってしまったり、私たち親子もいそいそと帰ることになってしまったり。

どうぞが出来なくてイライラしたり落ち込んだりしているのは、結局私なのだ。

そんなある時、岡地さんが傍にやってきて

「いいんよ~。ひろくん、まだ遊びたいんだもんね~。もうちょっと〇〇くん、待っとってね~。ひろくん、もうちょっと遊んだら、どうぞできるかもしれないからね~。」

と、明るく声をかけてくれた。

そうやって救われたのは、おもちゃを奪われなかった和宏ではなく、私の方だった。

「まだ一人遊びが好きな頃だもん。それにひろくんは、本当にこの新幹線が好きよね~。どうぞするのは難しいときもあるわよ~。」

広場には0~3歳児対象の親子がやってくる。ちょっと月齢が違うだけで、そして環境によって、心や体の成長段階は様々。初めての子育てでは、まだできないことのへ不安や焦りが、ママをじわじわと苦しめるときがある。

そんな時、こうして一緒に子どもの成長を見守り、声をかけてくれる年長者の存在は本当にありがたかった。

和宏はまだ1歳半を少し過ぎたばかりだ。色々できなくて当たり前だ。できないことを許せないでいるのは私の方。もっとゆったり、今の和宏を見守ってやりたい。

もちろん、その後も「夢★もくば」では、うまく遊べる時も、遊べない時もあった。それでも、家の中で二人きりで過ごすより、ずっとずっと楽しくて、苦しい気持ちになる時も、ずっとずっと楽だった。私たち親子にとってはかけがえのない居場所であり、『もうひとつのお部屋』として通い続けた。

++
『夢木馬』 作詞作曲しまひろこ

となりのお姉さんも ちょっと前までは君と同じ
「かして」「どうぞ」が上手く 出来なくて泣いてた

だから君もね ママも 心配しないで
もう少し時間が経てば大丈夫

ユラリゆら ユラリゆら ゆっくり大きくなぁれ
ゆらユラリ ユラリゆら 元気に大きくなぁれ

申し遅れましたが 私はこのお部屋で
一番古いおもちゃの木馬です

たくさんの親子を見守ってきた私です
良かったら君も 背中に乗ってごらん

ユラリゆら ユラリゆら ゆっくり大きくなぁれ
ゆらユラリ ユラリゆら 元気に大きくなぁれ

今日は誰の夢乗せて 揺れる夢木馬

LaLaLaLaLaLaLaLa……

undefined

++

つづく

広島ブログ
クリックでランキングUP★励みになります↑

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

TO TOP

「Shall we sing?」第3話

~ひがし野ひろしま市編~
お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第3話:夢★もくば


子育て広場「夢★もくば」は、車でブールバールを東条駅の方向にむかって走り、駅の少し手前で左に曲がったところにある「東条プラザ」というショッピングセンターの中にあった。

この東条プラザは、少々年季の入った建物だった。おそらく、イオンやイトーヨーカドー系列といった類ではなく、地元に古くからある独立系ストア、といったところだろうか。1Fが駐車場。古いながらも6F建ての建物の中には、2Fにスーパーや専門店、3Fにはレストラン、ペットショップ、洋品店、4F-5Fにはスポーツクラブ、6Fには幼児園や、文化センターもあり、なかなかの充実ぶりだ。

その2Fの一角に、「夢★もくば」があった。

息子を抱っこし、その自動ドアをくぐる。

「こんにちは~!あら、初めての方かしら?」

と、ベージュの生地にもくばの可愛いワッペンがついたエプロン姿の、スタッフと思われる50代くらいの女性が、カウンター越しに声をかけてくれた。

「あ、はい。先日、越して来まして、市の広報を拝見して来ました。いきなりですけど、遊べますか?」

「もちろん、いいですよ。じゃあ、初期登録をするので、中に入って、奥の丸いテーブルのところで待っとってね。」

中に入ってみると、お部屋は仕切りのない広いお部屋で(100平米くらいあるだろうか)、その中を、角ごとになんとなく4つのエリアに分かれているようだった。

4つのエリアは、木のレールと電車のおもちゃエリア、ままごとキッチンエリア、丸テーブルとソファーのある絵本のコーナ、赤ちゃんが寝っ転がって遊べるような柔らかマットと手ざわりの良いおもちゃのエリア。その間には、キッズハウスや、木の滑り台も配置されていた。

息子は早速、木のレールと電車のコーナーに目を付けたようだった。

++
Apple Music, Line Music, Google Play Music等 をご利用の方は、
しまひろこ で検索!!!
++

丸テーブルのある絵本のコーナーで待っていると、カウンターで挨拶をしてくれたスタッフさんが、登録カードを持ってきてくれた。

「私は、施設長の岡地です。 よろしくね。 この広場は、半年前にここにオープンしたばかりなんよ。それまでは私たちが、、、あっ、そうそうここは『NPO法人 子育てネット 夢★もくば』が運営してるんだけど、それまでは、 駅裏で自分たちで場所を借りて広場を開いとってね、ママたちにも1回100円の負担で来てもらってたんよねぇ、、、。でも、やっと市の子育て広場運営事業の委託を受けることができて、それで、この東条プラザの中に場所も用意してもらえて、移転オープンすることができたんよ~。」

NPO?市からの委託??そーなん?

小柄で、ショートヘアにクリクリとした目が印象的な岡地さんは、早く遊びに行きたがっている息子に目を配りながら、早口に快活に、この『夢★もくば』の仕組みや利用の仕方を説明してくれた。

「それからは、ママたちにも無料で利用してもらえるようになったし、駐車場もあるし、、、あ、来た時にカウンターで駐車券通せば4時間まで無料になるからね!」

とにかく息子と行ける「楽しい居場所」を求めることにしか頭になかった私だが、そうした居場所は、こうやって運営してくれている人がいて、地域と行政と掛け合って作ってくれている場なのだと知り、本当にありがたく思った。

「 お弁当を持ってきたら、向こうの『イベントルーム』で食べれるから、10時から15時までのんびりもできるし。お弁当持ってきてなくても、隣のスーパーで買ってこれるからね!」

これまで板橋で通っていた児童館は、午後からは小学生も通ってくる場所(どちらかというとそっちがメインユーザー)だったので、 なんとなく学校のような建物で、固い印象があった。お部屋もいくつかの教室に分かれている、といった感じ。何かイベントがあるときは、人も多く、スタッフ先生も入って、みんなで一緒に体操したりプログラムをして遊べるのだか、出入り自由の開放の日は、スタッフさんは事務室からは出てくることはあまりなく 、一人で来るとポツン、、、としてしまうこともあった。

そうした児童館と比べて、ここはとても居心地がよさそうだった。温かみのあるカーペット、ソファ、小さなテーブル。そしておもちゃも、良質なものが揃っていると、見てすぐに分かった。子どもに遊ばせてやりたいなって思ってお店で見ていたけれど、家庭で買い揃えるにはちょっと手を出しにくいな~と思っていたものばかり。

そして、4つのコーナーのどこにいても、お部屋としての一体感があり、カウンターのスタッフさんもすぐの距離だ。そして、見ていると、他にも何人かエプロンを付けたスタッフさんがいて、広場で遊んでいる親子と談笑していたりする。

ショッピングセンターの中にあるというのも、画期的だった。帰りに食品や日用品も買って帰れるし、ただ広場に行くだけでなく、「今日はあのパン屋で息子と一緒に食べようかな」とか、「ペットショップに寄ってみようかな」「今日は東条プラザのイベントと合わせて行こう」とか、プラスの楽しみもできそうだ。

初期登録が終わると、息子はさっそくお目当てのおもちゃのコーナーに勢いよく向かい、遊び始めた。

ここは、きっと私たち親子の、『もう一つのお部屋』になる。

そんな気持ちがした。

つづく

広島ブログ
クリックで広島ブログのランキングUP★励みになります!

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

TO TOP

「Shall we sing?」第2話

~ひがし野ひろしま市編~
お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第2話: 子育てするなら ひがし野ひろしま!


まったく身寄りや知り合いもいない土地に、1歳半の息子と引っ越してきた私にとって、引っ越してきた翌日からの最重要課題は、息子と一緒に遊びに行ける場所探し!だった。

市役所で住民票の異動手続きをした際に、市の広報を貰った。

パラパラとめくっていると、市が運営する子育て広場情報が目に飛び込んできた。

++
子育てひろば「夢★もくば」平日10時~15時まで 無料/出入り自由 (0~3歳児親子対象)
++

ここだ!ここに行かねば!

見た瞬間、そう思った。
他にも、広報には保育園や地域センターで行われる子育て支援のイベント一覧があったが、まずは、「いつでも」「自由に」「長く」居られる場所が欲しかった。

引っ越し前に住んでいた板橋区では、住んでいたマンションから徒歩圏内に3つの児童館があり、午前中~昼過ぎまでは乳幼児親子に開放されていたため、毎日の散歩の気分や、ママ友との都合に合わせて立ち寄っては遊ばせて貰っていた。

私たち親子には、家以外に居場所が必要だった。

遊びたい盛りの、でも一人で遊べる時間は限られている1歳半の息子と、二人きりでずっと家にいると、私も息子も互いにやりたいことができないようなストレスばかりを感じ、時間がいっぱいあるようでも何もできないような焦燥感、無力感を感じてしまうことを(そう思っていたのは私だけかもしれないけど・苦笑)、すでに板橋時代の一年半で実感していた。

ママにもいろいろタイプはあると思うが、私はとにかくお出かけ派。よく考えれば、OLで就職したが1年で事務職にとどまっておられず(一日中限られた空間にいることが耐えられなかった!)、志願して営業職になった私だった。

そうした私たち親子の救いになったのが、いつでも行ける児童館であり、同年代の子どもを持つママ友の存在であった。

板橋時代に、せっかく出会えたママ友と児童館との別れは、本当に耐えがたいものがあったが、、、(うう(;’∀’))夫&我が家の生活の基盤が変わるのであれば、致し方無いというもの!

頑張れ専業主婦!

とにもかくにも、私には時間と息子がある!!

一緒にお出かけできるところを探すのだ~!!!

転勤というより転職といった方が良い異動の夫には、「なんか、楽しそうだよね~」と言われているが、 未就学児母子にとっては、死活問題なんですよ!しかも実家も遠いし~(埼玉)!

というわけで、いざ 「夢★もくば」 へGO!

と、すぐにでも行きたいところだったが、 大学キャンパス近くの新居から、夢★もくばのある駅近くまでは、ブールバールという大通りでつながったシンプルな一本道なのだか、とても歩いては行けない距離。

これまで車を持っていなかった我が家だが、ひがし野ひろしまでは、車が必須だ。

車が手に入ると、さっそく、私たち親子は「夢★もくば」に遊びに向かった。

広島ブログ

第3話を読む

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~初めから読む~

TO TOP

というわけで、ひがし野ひろしま市(笑)

世界のハッピーはお母さんのハッピーから、しまひろこです!

まずは、今朝の一コマ ~中2の息子と~

母「月曜日~!朝よ~起きなさ~い」(^o^(一回目)

息子「・・・(_ )むにゃ?」

母「朝よ~起きなさ~い~!!(-o- )!」(二回目)

息子「・・・だから」

母「起きなさ――――い!(- – #)!!!何度言わせるの~~!」(三回目)

息子「・・・まって、お母さん、だから・・・あれ?何か言おうと思ったんだけど(+_+)」

母「息子よ、・・・それは夢だよ!(-o- )d」(←言い切った人・笑)

・・・息子、とりあえず降りてきて、リビングのソファで、ふて寝。

母「・・・起きる気あるの??」

息子「・・・だから、今日は土曜参観の振り替えで休みなんだって!!(--#)」

母「・・・早く言ってよ(苦笑)」

息子「言ったよ、昨日・・・。」


いや~そういえば、3月の卒業式の振替の日の朝も、同じことしてました💦(== ;)


そして!!

というわけで、唐突にスタートしました、小説「Shall we sing?」(笑)

まずは、プロローグ的な最初の文章でしたが、いかがでしたでしょうか。

以前から、歌を通じての沢山の出会いや、気持ちの変化のありようを、自分なりに文章で描いてみたいと思っていました。

タイトルは、私も大好きなあの映画&脚本家さんへの長年のあこがれを込めて、、、(;’∀’)(すみません、パクリで、、、気持ちとしては、(仮)ということで、いずれ変わるかもしれません)

とにもかくにも、まずは書いてみようかなと思います。

ひがし野ひろしま市編、無事に書き終えられるかどうか、どうぞ温かくお見守りくださいませ^^

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~

TO TOP