「Shall we sing?」カテゴリーアーカイブ

『Shall We Sing?』~ひがし野ひろしま市編~第13話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第13話:ひがし野ひろしま音楽祭 当日後半


音楽祭で初披露した、ママになってからの初オリジナル曲『僕らの天使』!
詳細資料は、お話の後に掲載↓

英語幼児園のステージ発表が終わると同時に、それまでステージを取り巻いていた観客は、引き潮のようにスーっと引いては辺りに消えて行った。

こういった観覧自由のステージでは、家族の観覧であったり、お目当ての出演者が終わると、観客も入れ替わることが多いのであろう。

沢山の観客の前に立つのは、とても緊張するだろうし目が回りそうだが、お客さんのいないステージに立つのは、それはそれで、精神的に20分間ステージをやり遂げられるだろうか、と別のプレッシャーを感じた。

次の出演者は私と同じく、一人でステージに立つオカリナ奏者だった。

オカリナの先生をしているのだろうか、その生徒さんかな、といった同年代の婦人たちが観覧席の前の方に座り、彼女の演奏を見守っていた。

目の前の客席に座っている人はすっかり少なくなったが、 オカリナ奏者の人は、気にする様子もなく、朗らかなたたずまいで、演奏を始めた。

さっきまでの、ステージ近くの賑わいで気がつかなかったが、会場全体を見回すと、

会場内の端のほうでステージを遠巻きに見ている人や、 会場内を移動している人、会場の両脇にある屋台に並んでいる人、屋台で働いている人、ステージをサポートしている人など、それぞれの場でステージをなんとなく聴いている人は、意外といるのだ。

そうした人たちの耳にも優しく届ける音色、そんな風にオカリナ奏者の方の演奏は聴こえ、凛としてとても素敵だった。

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

オカリナ演奏が終わり、いよいよ私の番だった。

果たして私の時は、もっと観覧席に座っている人数は減った。

引越してきてまだ半年。 見に来る家族といえば、夫と2歳になった息子のみ。

その二人(というか、おんぶ紐で一体になっているので一組というべきか)は、私がセッティングしている間に、その少ない観客や、周りの人に歌詞カードを配ってくれていた。

夫と息子以外に、「自作の歌を歌うから聞きに来てね」なんて言える友達は、、、あ!一人いた。

夫の職場の若い男性で、私たちの数か月後にご夫婦で転勤してきた渡(わたり)さん。

実は渡さんも、学生時代に音楽をしており、友人と二人組でオリジナル曲を作っていたということで、一緒に食事をした際に、私もすっかり渡さんと意気投合し、親しくなったのだ。

今日の音楽祭に出ることも、夫が伝えてくれていた。

セッティングが整うまで、ステージの端から夫のいるあたりを見ていると、その渡さんが来てくれていた。

どうやらこの会場で、私のステージを目当てに来てくれたのは、夫と、夫の抱っこ紐の中で前向き前抱っこでぶら下がっている息子・和博と、渡さんの3人のようだった。

まずはその3人の観客と、この会場の中のどこかで聴いてくれている人に向かって歌を届けよう。

+++

司会の方に紹介され、いよいよ私の出番となった。ステージの真ん中に据えられたキーボードの前に座り、マイクに向かう。

「しまひろこと言います。学生時代からオリジナルソングを趣味で作ってきました。今日は本当に久しぶりに人前で歌わせていただくので、大変緊張していますが、このような機会を与えてくださったことに感謝しています。」

用意していた最初の挨拶の言葉。

それすらも、どんな調子で話したのか、覚えていない。

久しぶりに聞く、マイクを通した自分の声。思った以上に弱弱しかったように思う。

オケが流れ、それに合わせて弾く鍵盤の手も震え、いつしか手は止まっていただろう。

ただ、もう必死で歌っていた。

客席のずっと後ろの方に立っている、夫と息子と渡さんの3人の姿を、ときどきチラリと確認しながら。

+++

とにもかくにも、歌い切った。らしい。

歌い終わった後、ステージから見上げた空が、とても清々しかったことだけは、はっきり覚えている。

真剣に聴いている人は3人だけの、私のお母さんになってからの初ステージだったが、ステージをやり終えた私は、とても満足していた。

ここに至るまでの日々の葛藤、さっきまでの緊張もすべて含め、とても楽しい時間に感じた。

そして、ステージを降りた後、夫たちのいる場所に向かいながら、こう思う自分がいた。

私が必死で歌おうと、歌うまいと、世界は変わらず動いている・・・。

私の心の中でさらに思ったことを正直に言えば、

私がちょっとやそっと、下手な歌うたったり、失敗したって、爆弾が爆発するわけじゃないし、世の中的に、なんてことないよ。

だったら?

だったら、思い切り好きな歌を歌った方がいいじゃないか。

もっともっと思い切りやったらいいじゃないか。

今日がスタートなんだ。

まずは自分で歌って、自分をもっとハッピーにしよう。そして、歌う私を支えてくれる家族に、せめてハッピーを還元しよう。

「まずは自分で歌ってハッピー子育て」

ここからスタートだ。

つづく。

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★応援ありがとうございます♡

弾き語りで、お聴きください♪
2008年6月の初ステージで歌った、お母さんシンガーソングライター初のオリジナル曲『僕らの天使』♪

しまひろこ資料館
貴重な資料が発見されました! (笑)

音楽祭で配布した歌詞カードが一枚だけ、ノートに貼ってあるのが、発見されました!(表紙)
1曲目「子猫になって」

学生時代に作った歌を、少しだけ、今の気持ちでも書き直しました。
当時から「永遠のカタチ」というキーワードが特に気に入っていましたが、2017年リリースしたCDの中では、「永遠のカタチ」というタイトルで全面歌詞と曲調を改め収録しました。そのきっかけにもなったK先輩との再会、そして東京コンサートまでの道のりを描いたブログ小説「永遠のカタチ」もぜひご覧ください。

学生時代に作った 淡い恋の歌
お母さんシンガーソングライターになってからは、ほとんど歌っていませんが、初期に作った自作CD『僕らの天使(6曲入り)』に収録されています。

お母さんになって、初めて作ったオリジナル曲♪
『僕らの天使』誕生、初ステージ披露は、この音楽祭でした!
後日、修正を加え、CD収録のカタチになった様子がうかがえます↓(自分でも忘れていました・笑)

音楽祭で歌った歌詞に、その後、修正を加えている様子。

その後、初期の子育て広場ライブで良った曲に。2013年リリースのCROON版CD『大好き(3曲入り)』にも収録へ(完売)。


小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP

『Shall We Sing?』~ひがし野ひろしま市編~第12話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第12話:ひがし野ひろしま音楽祭 当日前半


とても清々しく晴れ渡った空。

“音楽祭” の野外ステージがあるには、とてもふさわしい日だった。

待ちに待った!と言いたいところだったが、「練習できなくても、本番はやってくる・・・。 んだね、やっぱり。」と、会場に到着した私は、あまり晴れやかでない気持ちで夫にボヤいた。

和博を抱っこ紐で、前向き前抱っこで(←私のステージが見やすいように) 連れて来てくれている夫が、

「『練習できなかった』なんて言ってるけど、僕から言わせれば、練習する時間なんか、いくらでもあったよ。もう何年も。。。子どもと一緒にいながらだって歌ったり、鍵盤なくても指動かしたりできるんじゃないの?毎日毎日、完璧な練習時間を待つ前に、1分でいいからやったら良かったじゃん。」

と言ったが、本番を前に、そんなことを言われても、、、という私のドンヨリムードを察したのか、すぐに

「とにかく、最低限は準備してきたんでしょ?今日は、今の自分で精一杯やってごらんよ。歌はいい歌なんだから。」

と励ましの方向に話を向けた。

「歌はいい歌なんだから」と言ってくれたのがとても嬉しかった。

私が「歌手になりたい」と言って仕事を辞めた時にも、夫が反対することなく、割にあっさりと認めて(あきらめて?)くれたのは、結婚前から、私が自分の特技として自作した歌を聴かせていたからだった。彼は当時から、私の歌をとても好ましいと思ってくれていた。そう思ってくれていることが、私も本当に嬉しかった。

夫の言う通り、とりあえず、 最低限は準備してきたのだ。3曲のうち2曲は学生時代に作った歌だが、この日のために、今の自分の気持ちを歌にした新曲も用意できた。

ステージ上で、頭が真っ白になっても困らないように、歌詞を書いた譜面も用意したし、3曲とも打ち込みで作ったオケを流すから、たとえキーボードを弾く手が止まってしまっても、演奏には支障はないだろう。とにかく譜面を見て歌い続ければ良いのだ。

オリジナル曲だけど、聴いている人にも曲を楽しんで貰えるよう、配布用の歌詞カードも作り、持ってきた。

3曲。落ち着いてやれば大丈夫、きっとできる。

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

和博は、比較的高い位置から前が良く見える、パパにしてもらう前向き前抱っこが大好きだ。周りの賑やかな様子を珍しそうに眺めながら大人しくしている。

今日、ママが、初めてステージで歌う、というのも分かっているのかいないのか。

リハーサルは、立ち位置や、セッティングの確認だけの簡単なものだった。

いよいよオープニングセレモニーが始まった。中学校の吹奏楽部の父兄が詰めかけ、ステージの周りは、思ったよりも人が集まっていた。

+++
6/7(土)~第2回 ひがし野ひろしま音楽祭~
★野外ステージ出演者一覧★

10:00 オープニングセレモニー:西ひがし野中学校吹奏楽部
10:20 ABC英語幼児園
10:40 オカリナ奏者 三木裕子
11:00 しまひろこ


+++

ファンファーレと人ごみの音が、頭のなかでぐるぐると混ざる。

やはり緊張してきた。すでに、最初の出だしの鍵盤の指の位置さえ、はっきり思い出せない。。。

ステージは、次の幼児園の発表に移った。さらに観覧の人数は増えたようだった。

「僕たちはそろそろ客席側に行くよ。ひろこのステージ前に、歌詞カードも配っておくよ。とにかく、上手くやろうとしないで。失敗したっていいんだから!今の自分で全力で頑張っておいで!」

そう言って、夫と、きょとんとした顔でパパの胸で揺れている和博は、ステージの裏から離れていった。

一人になった。
一人になるのなんて、本当に久しぶりだ。

和博がいて、ママの私がいる、そんな時間が2年間続いた。

「かずひろ君のママ」 と呼ばれる毎日に、少し疲れを感じるときも正直あった。

単に一人になりたいわけじゃない。ママでいるのが嫌なわけじゃない。

ママでもいたい。でも「自分」としても何かに打ち込みたい。

それは相反する思いのように私は感じていた。小さな子どもが傍にいながら、「自分」の時間を求めるのは、良いママじゃない、と。

でも、このままでいたら、私はきっとママとしても、自分としても息苦しくなってしまう。自分でもそう思うし、夫もきっと気づいている。

だから、今日、ここに来たんだ。

ママとしても、「自分」としても生き生きとした時間を過ごしたい。 欲張りな私なんだ。でも、それでいいじゃない。だったら、やってみなきゃ。

「やりたいって言っておきながら、全然やらないで、 家であんなにイライラしてごめん。 そんな私なのに、今日、私のために一緒に来てくれてありがとう。私を信じてくれてありがとう。」と夫と和博に、心の中でつぶやいた。

とにかく、やってみるよ。

つづく。

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★応援ありがとうございます♡

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP

「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~第11話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第11話:ひがし野ひろしま音楽祭に向けて


音楽祭のステージに向けて、準備を始めた。

歌う歌は、、、やはりオリジナル曲でいこうと思った。大学時代も、カバー曲を歌ったことは殆どなく、オリジナル曲の方が、しっくりする。

20分のステージ、、、3曲は必要だ。

大学卒業後、まともに歌を作ったことはなく(自分の結婚式の時に作った歌はあったけど、却下)、大学時代に作った歌から選曲するしかないか、、、。

主婦の私が、大学時代の想いを歌うのも、なんだか気恥ずかしい思いと、しっくりこない部分があったが、学生時代に作った歌の中から、今歌っても共感できそうな歌をピックアップした。

『子猫になって』

仲間内でも評判が良かった歌。

柔らかい曲調で、歌詞は、気ままな猫になった気分で街に出て、、、、自分の本当にやりたいこと・無心に好きなこと<永遠のカタチ>を感じてみる、というテーマの歌だった。

久しぶりに歌詞を見直してみると、いまの自分にもとても当てはまる歌だった。少しだけ、今の気持ちで歌詞を手直しした。

2曲目は、『小さな恋』

これは卒業も近い4年生の頃に、学生時代の淡い恋心を歌ったものだった。特に特定の誰を思って、というのはないのだが(大学4年の頃の私は失恋中だった・笑)。。。今思えば、私の学生時代を通じての淡い恋心だ。

恋の歌は、世代を越えて、、、という部分もあるし、実は夫がこの歌を気に入っていたので、彼からの推薦曲でもあった。

そして、3曲目、、、。

昔の歌を探ってみたが、今回のステージでコレ!っといった気持ちになれるものがないなぁ・・・。というより、やはり、ここは、ママになっての初ステージ!一曲作るべきなのでは、と思った。

結婚式でも、「花嫁からの手紙」ならぬ、花嫁からの弾き語りで、オリジナル曲で家族への感謝の気持ちを伝えた私だった。

やはり、ここは歌を作りたい。と、ムラムラと欲求が高まってきた。

それを夫に伝えると、

「今回はやめておきなよ!まだ曲だって全然出来てないんでしょ??結婚式のときだって、前日の夜まで作ってて、泣いてたでしょ?とにかく今回は、今あるもので、しっかり発表できるように形にするほうがいいって。」

いや、確かに結婚式の時も時間的には極まってたけど、泣いてたのは歌いながら気持ちが高まり感動の涙だったはず(←おめでたい人)。

「とにかく、自分なりに今の気持ちで一曲作ってみるよ。もし、当日には間に合わない、と思ったら他の曲にする。」

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

そういうわけで、私の子育ての日々に、「キーボードの前に座って弾き語りを練習する」、その上、「今の自分の気持ちで一曲作る」という時間が出来た。

と言いたいところだが、そう簡単には練習と創作の時間は出来なかった(;’∀’)。

4月の誕生日を迎え、2歳になった和博。まだまだ手がかかる日々。

息子と一緒に散歩に出たり、子育て広場にいる時間は、弾き語りの練習はできない。。。家にいて、機嫌が良いかなという僅かな時間や、お昼寝しているとき(私も一緒に寝たいという誘惑をこらえ)、夫が帰宅してから、といった時間で練習するしかなかったが、

これまでそうした時間に、家事をするのがやっとだったのだ。

家事に加え、ステージのための準備と練習。。。

もっと練習したい、集中したい、、。そう思うと、和博に呼ばれて作業が中断されるたびに、イライラしてしまうようになった。

歌いたくて、申し込んだはずなのに。全然、歌えなくて、ろくに歌う準備もできなくて。イライラして。。。こんな状況でステージに立つ意味があるのだろうか。

何のために、私はステージに立とうとしているのだろう、と悶々とする日々が続いた。

それでも、音楽祭の日は着実に迫っていた。

つづく。

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★応援ありがとうございます♡

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP

「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~第10話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第10話:ひがし野ひろしま音楽祭


冬も終わりのある日、近所のスーパーの掲示板で「ステージ出演者募集」のポスターが目に留まった。

+++
6/7(土)~第2回 ひがし野ひろしま音楽祭~
★ステージ出演者募集★

今回から野外ステージも開催!歌やダンスのパフォーマンスを披露してくださる団体・個人の方を募集します!
1団体20分、メンバーに市内在住、通勤の方がいること。募集10団体。
応募方法は・・・

お問合せ:ひがし野ひろしま市役所 地域振興課
+++

とくに、目をひいたのは、「個人」でも応募OKという点!

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

1枠20分、、、3曲くらいかな。オリジナル曲でもいいかな?

10団体、、、市民の発表、、、。これなら、、、私も参加できるかもしれない。

そう思った。

その場でポスターを携帯で写真に撮ると、夫にも相談してから応募した。

果たして、出演OKの通知が来た。

・・・こんなにもあっさりと、ステージに立つことになるとは。

しかし、一人で20分、ステージの上で、何をどう歌う?

唯一できる楽器は、ピアノだが、、、もう何年も弾いていなかった。

つづく。

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★応援ありがとうございます♡

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP

「Shall we sing?」~ひがし野ひろしま市編~第9話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第9話:帰り道


ふしぎ野の森のコンサートの帰り道、まだ夕方とはいえ12月、すっかり暗くなっていた。

夫が車を運転し、私は和博と後部座席に座る。和博はコンサート中、結局お昼寝もしなかったので、車が走り出すとすぐにウトウトし始めた。夕食を食べる前に、とりあえずベッドに寝かせることになりそうだ。夜中にお腹が空いて起きないことを祈る。

コンサートのトリを務めたYujiさんのバンドは、最後まで安定したステージだった。

聴かせるオリジナルの歌、お客さんと軽妙なやり取り、、、。あれで、音楽はプロでやっているわけではないなんて。

コンサートの案内を見た時、自分も「歌いたい、ステージに立ちたい!」なんて思っていたところがあったが、なんだか今では、すごい遠い場所のように感じていた。

歌を作って歌うのは好きだけど、ステージに立つということは、お客さんがいるわけで、お客さんを歌で楽しませなくちゃいけないんだ。とてもYujiさんのようには歌えないし、ステージであんな風に動けない。

そんなことを考えている私を察したのか、全く察してないのか、夫が

「このコンサートの出演者は、一般に募集されてるのかな?もしそうだったら、来年は、ひろこもエントリーしてみたら?」と言った。

「ええぇ?無理無理無理無理~!私があんなステージになんて無理だよ!とてもYujiさんのようにはできないよ。」

「そうかな?僕はできると思うけど。それに、いきなりトリを務めるわけじゃないし、他にファミリーバンドの人や、2人でやってた人もいるんだから、ひろこがエントリーしても何も問題ないと思うよ。」

・・・。

「それに、和博ももうすぐ2歳。あと1年もしたら幼稚園だよね。そろそろ、あなたも時間ができるでしょ。結婚した後、あなたが仕事辞めるときに、自分で言ってたセリフ、覚えてる?」

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

・・・。

やっぱり覚えてるか。。。もちろん、私も覚えている。

夫と結婚してすぐ、半年後に彼がアメリカに1年間の海外勤務をすることが決まった。その時は、私も都内で会社員をしていたのだが、夫の海外勤務に付いていくにあたり、幾つか選択肢があった。

務めている会社を1年間休職する、もしくは、アメリカの現地のグループ会社に出向する(たまたま夫の滞在先に通えるグループ会社があったのだ)、もしくは会社を退職する。

そうした中で、私は退職を希望した。

ダブルインカムだった家計が、シングルインカム・しかも妻は向こう一年&帰国後もしばらくは働く見込みがない、という状況になり、後から聞くと、夫は内心ショックだったそうだが、とりあえず「いいよ。」と言ってくれた。

「それで、何やりたいの?」

「うん、私、歌手になりたいんだよね。」

「カ、カシュー?」

特に、歌手になるための準備も計画もなかったし、もちろんツテもない。

新卒で就職した会社での営業職は、自分なりにやり甲斐を感じて仕事をしていた。事務職から営業に志願して異動もしたのだ。

4年ほど営業をした後、グループ会社が会社更生法適用となった。寝耳に水だった。グループ会社のサービスとセットで提案していた案件が多く、いままでの提案ではサービスが売れなくなった。

何だか、急に仕事に対して意欲を失ってしまったようだった。これからは何を一生懸命提案したり、売ったりすれば良いんだろう。

せっかく一生懸命やるなら、好きなことをやりたい、と思った。私の好きなことってなんだろう。

ちょうど、そんなことを考えていた時期だった。

そもそも大学時代、歌を作って歌う自分が好きだったのに、音楽の道に進まなかったのは、第一に全然プロを目指すレベルではなかったから(笑)だが、大学に行ったら、ちゃんと就職してお金を稼ぐ仕事に就くことが親孝行であり、親を安心させる子でいたいと思っていた。昔から優等生タイプなのだ。

それが、結婚して、夫と二人。ふと訪れた人生の空白期間。だからこそ、素直に口にできた希望だったのかもしれない。

「私、歌手になりたいんだよね」

といった私に、夫が何と答えてくれたのか、はっきりとは覚えていない(逆に、結婚した夫が、「仕事を辞めて、歌手になりたいんだよねぇ」と言ったら、私は許せる自信が、、、全くない・笑)。

とにかく、私は歌手になりたいから仕事を辞める、ということで、夫には了承された。この理由はもちろん夫婦以外には公表されることはなかったが。

そして、それから4年・・・。結局、音楽的なことは、何も進展していなかった。

海外勤務中は、現地で音楽サークル的なものは通ったが、だからといって何かキャリアに繋がる発展もなく、

日本に帰ってくると、程なく和博を妊娠。そして出産から今に至るまでの子育て中は、自分のための時間や、音楽をするなど思いもよらなかった。

そもそも、「歌がやりたい」という気持ちを、どう発展させたら良いのか分からなかった。

夫が運転しながら、

「子育てがひと段落した今やらなかったら、もう一生できないよ。子どもが成人してから、なんて思ってたら、もう本当にやる時なんて来ないよ。」

と少し強い口調で言った。

夫の言葉はかなり頭の中で響いていたが、そうは言っても、まだまだ息子は手のかかる年ごろ。日々はわたわたと過ぎていき、冬も終わり、春めいてきた頃、近所のスーパーの掲示板で「ステージ出演者募集」のポスターが目に留まった。

つづく。

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★応援ありがとうございます♡

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP