「Shall we sing?」カテゴリーアーカイブ

「Shall we sing?」~ひがし野ひろしま市編~第8話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第8話:「ふしぎ野の森コンサート」当日・後半


夫が和博を休憩に連れ出してくれた。

ライブって、やっぱり面白い!夫が作ってくれた時間を存分に楽しもうと思った。

次のステージは、演劇だった。

「演劇集団Kurara」

20代後半~30代の人が中心の、市民劇団だった。

シナリオは町の老舗のお菓子屋さん同士による、「元祖」「本家」を巡るちょっとした抗争を、コミカルに描いた作品だった。

脚本・演出も、自分たちでオリジナルでやっているらしい。

分野は違えど、オリジナル作品という点にとても刺激を受けた。社会人をしながら、好きなことも続けて、こうして人前で作品を発表し続けている人がいる。

よく練習された縁起と小気味よい展開で、笑いを交え、観客はステージに引き付けられている。

私もお芝居を楽しみながら、でも頭の片隅では、「みんなで集まって練習とかどうやってるんだろう」「仕事をしてる人が多い世代だから平日の夜とか、休日かな。」「家族は?子どもは?」 そんなことを考えていた。

1歳半の息子の子育て中・専業主婦には、到底入っていけない世界のように見える。羨望と、自分にはできないという気持ち。

喜劇に笑いながらも、なんだか胸がざわざわした。

演劇が終わり、いよいよプログラムも残り一つ。

夫と和博も、客席に戻ってきた。

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

トリは「おやじバンド~Yujiと仲間たち~」という3人組だった。

ロマンスグレー、ギター片手にホンワカした雰囲気のある50代後半くらいの Yujiさんは、市内の小学校の名物・校長先生とのことだった。ギター片手にオリジナル曲で、校訓や子どもたちに向けたメッセージソングを歌う、市内では有名な方のようだった。

そのYujiさんを中心に、今回のステージでは男性トリオで出演とのこと。ベースはシャキッとした白シャツが凛々しい40代くらいの教頭先生、そしてカホンは若手の先生だった。

1曲目は『Stand by me』。カホン、ベースの心地よいリズムにつづき、Yujiさんの歌声。かなり歌い込んでいる、慣れた印象で、一声を聴いて客席にもリラックスして聞いていこうというムードが漂った。

2曲目は、ひがし野ひろしま市内の小学校の共通の生活目標を歌にした「あいさつをしよう くつをそろえよう」という曲だった。

楽しい、可愛いアレンジの歌になっていた。それを校長先生自ら楽しそうに歌う。とても素敵だなと思った。

歌を歌う。歌を作って歌うということ、幾つになっても楽しめるものだ。それぞれの年代、そしてその人だからこその、作る歌があるだな、ということを感じた。

歌の合間のYujiさんのおしゃべりも弾む。続いて、子どもたちへのメッセージソングがホールに響いた。

つづく。

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★応援ありがとうございます♡

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP

「Shall we sing?」~ひがし野ひろしま市編~第7話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第7話:「ふしぎ野の森コンサート」当日・前半



「ふしぎ野の森コンサート」が行われるカトレアホールは、私たち親子が良く通っている子育て広場「ゆめ★もくば」が入っている東条プラザの、すぐ裏にある「ひがし野サンタワー」というビルの中にあった。

一見すると、10階建てのマンション?のように見えるのだが、低層階には図書館や、海外からの留学生のための公的な支援施設があり、高層階は留学生のための宿舎になっていた。その3F-4Fに、カトレアホールがあるらしい。

「こんなビルの中にホールがあるの?」と意外に思いながら、夫と和博と三人でエレベータに乗り、3Fに行ってみると、降りてすぐ左側に入口があり、落ち着いた雰囲気のロビーが広がっていた。

中高生のボランティアさんたちが、受付でコンサートの資料を渡してくれる。

資料を受け取り、ロビー内の階段を登って、ホール2F の後ろのドアから入った。

ホールは階段状の席になっており、どの席からもステージが見やすくなっていた。300席くらい、だろうか。ビルの中にこんな立派なホールがあるなんて、ちょっと驚いた。

席についてパンフレットを眺めていると、学生さんの司会により、コンサートがスタート。和博がじっと座ってられるか心配だが、、、今のところは大丈夫そうだ。ふしぎそうに、照明で照らされたステージを眺めている。

始めは、ファミリーバンドだった。

ピアノの先生をしているママが率いるファミリーバンド。パパのギター、小学生の子どもたちの歌とパーカッションで、クリスマスを意識した曲目の演奏だった。

子どもたちは、たどたどしいところもあったが、一生懸命自分のパートを務めている姿がとても微笑ましく、家族で練習してきた姿が思われ、温かみにあふれたステージだった。

子どもも小学生になると一緒に音楽とかできるのかな。1歳児の子育て中の身には、まだまだ想像できなかったが、家族でステージを目指して取り組むという時間があることを、とてもうらやましく思う自分がいた。

次は、女性二人のオカリナユニットだった。

オカリナの響きが、明るいステージから、シンとした場内に響き渡る。少し緊張した息づかい、二人で呼吸を合わせるしぐさ、一生懸命練習してきた様子が伝わってくる。

楽器演奏も、いいな。やっぱり生の演奏はいいな。表現って、する方も楽しいだろうけど(緊張もするだろうけど)、聴く方も一緒に何かを感じられることは本当に楽しいものだな、と改めて思た。でも、やっぱり聴くだけじゃなく、私も弾きたい、何かを表現したい。

食い入るようにステージを見ている私の横で、和博がもぞもぞし始めた。暗い中でじっと見ていることにも、少し飽きた様子だ。お腹も空いたのかもしれない。

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

すると夫が、

「せっかくだから、ひろこはステージ見てなよ。僕が和博にロビーでおやつ食べさせてくるから」

と言ってくれた。

「あ、ありがとう!」私は夫の申し出に心から感謝した。誰か知っている人が出ているわけでもないコンサートなのに、なぜかどの人にも共感し、端から端まで食い入るように観ている自分がいた。そんな私の気配を夫は察したのであろう。

つづく。

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★応援ありがとうございます♡

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP

「Shall we sing?」~ひがし野ひろしま市編~第6話

お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第6話:「ふしぎ野の森コンサート」と「オリソン時代」


高校時代の私は、自分が歌に興味があること、とくに、自分で歌を作って歌うシンガーソングライターや、バンドに興味があることにやっと気付いたのだが、すぐに行動は起こせなかった。

どうやったら好きな音楽ができるのか、、、自分ではまだ始め方もわからない子どもだった。

「バンドやろうぜ~」なんて、都合良く少女マンガ的な展開も起こるわけもなく、

「大学には、音楽サークルというのがあるらしい。仲間うちでバンドとかも組めるらしい。」と何かで知った私は、

とにかく大学受験を乗り切り、大学に行ったら、音楽サークルに入ろうと心に決めた。

そして大学生になった18歳の私は、サークル一覧を目にし、

「オリジナルソング研究会」と出会った。

これこそ、私が入るべきサークル!そう思った。

もちろん、他にも音楽サークルはあった。

・ロック研究会
・Light Music Society
・Jazz研究会

++
しまひろこ楽曲 フルで聴けます♪
「LINE Music」「Apple Music」に登録されている方は、「しまひろこ」で是非検索を♡聴いていただくだけで、活動応援になります♡

試聴・単曲ダウンロードはこちらから
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

「・・・うーん、やっぱり、私はオリジナルソング研究会だなぁ」

と自分で妙に納得したものだった。そして、一人でその扉を開けていった。

+++
「オリソン時代」については、ブログ連載・前作「永遠のカタチ」もご参照ください。
+++

そうして私は、そのオリジナルソング研究会で、見よう見まねで歌を作り、サークル内でバンドを組んで発表したりと、やっと自分がやりたいと思っていた音楽を始めることができたのだった。

今聞いたら、恐ろしく恥ずかしく、へたっぴな歌だったとしても(笑)

私は大学4年間、オリソンを満喫した。

大学を卒業して、就職し、仕事で辛いことがあっても、心の中には「歌を作って歌えるお気に入りの自分」がいたからやってこれた。バンド仲間はいなかったが、時々、小さな打ち込みの機械や、パソコンで曲を作っては、本当に身近な友人に聞いてもらったりして、満足を得ていた。

でも、結婚して子どもが生まれると、少々事情が変わった。

子どもとの日々に、休日はない。とくに初めての子育て、0歳~1歳の息子との日々には、歌を作る時間や心の余裕はなかった。やりたいと思うことはもちろんあったし、少しの時間でもやれば良いのだろうが、何かに追われるような、ざわざわした気持ちで手に付かず、それでいて、「私は我慢している」という鬱々とした気持ちで重苦しくなるのだった。でも今は、、、まずはお母さんをしなきゃ。音楽なんてできない。

そんな時に目にした、市民ミュージシャンが出演するというイベントの案内。

サークルでの日々が懐かしく思い出された。どんな人たちが、どんな歌を歌うんだろう。ステージ、、、観るだけでも、行きたいな。

そして私は、この「ふしぎ野の森のコンサート」を観に行こうと決めた。

つづく。

広島ブログ

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

リアル★お母さんシンガーソングライターしまひろこの現在の挑戦は、HP TOPからご覧ください♡いつも応援頂き本当にありがとうございます!

TO TOP

「Shall we sing?」~ひがし野ひろしま市編~第5話

~ひがし野ひろしま市編~
お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第5話:「ふしぎ野の森コンサート」と「少女時代」


冬のある日、「広報 ひがし野ひろしま」をめくっていると、ファミリーコンサートの案内が目に入った。

++
中高生ボランティアリーダー育成/ユースチャレンジャープレゼンツ
第5回 ふしぎ野の森のコンサート
観覧無料。市民ミュージシャン、パフォーマーの皆さんと、親子で楽しい時間を過ごしませんか?
++

「コンサート」「ミュージシャン」という言葉が、広報誌の上で、なんだか眩しく見えた。

私は、たぶん、小さな頃から歌が好きだった。

なぜ「たぶん」かと言えば、自分でも歌が好きだと気付いたのは、かなり大きくなってからで、最近気がついたと言っても良いからだ。

思えば、幼稚園に入園し、先生がオルガンを弾きながら歌う姿にあこがれた。

たまたま当時、家に足踏み式のオルガンがあったので、それをめちゃくちゃに弾いて遊んでいたら、母親が音楽を好きなのだと思い、クラシックピアノを習うことになった。

今では、音楽の習い事としては、リトミック、歌もあるだろうし、楽器の種類も選べるかもしれないが、私が小さい頃は、音楽の習い事といえば、=ピアノだった。

すごい勢いでオルガンを弾いていたのだから、きっと親も期待したのかもしれないが、よく考えればクラシック音楽とは縁遠い家だったし、全く耳慣れない音楽を弾くのはあまり興味が持てず、そもそもピアノにあこがれていたわけではなかったので、ピアノの練習にはあまり熱心になれなかった。

しかし、両親は早々に私にYAMAHAのアップライトピアノを買ってくれた。これがあったので、その後、何度も私はピアノの習い事を辞めたいとも思ったが、結局、高校生を卒業するまで、 通い続けることになり、ピアノを聴かせるほどの腕はないが、楽譜の読み書きや、音感は身に付いたようだった。

私は地元の中学を卒業すると、都内の女子校に進学した。勉強に熱心な真面目な生徒の多い学校だった。その分、先生たちや授業はとても穏やかで、ある程度、生徒の自由にさせてくれる校風だった。ある時、音楽の授業で、友達同士でグループを作り、「どんなジャンルの音楽・どんな発表形式でも良いので1曲披露する」という課題が出たことがあった。

++
しまひろこ楽曲のCD/1曲ダウンロード 試聴はこちらから♪
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

その時、私は友人2人と一緒に組んだのだか、真っ先に歌を歌うことを提案した。この発表の提案を聴いたとき、どうしても歌いたい歌があった。

当時、YAWARAという柔道少女のアニメがテレビ放送されており、原由子さんが歌う『少女時代』というエンディングテーマが、どうにも好きだった。

ちょうど女子高生生活を描いた、キュンとする歌詞で素敵だったのだ。

私は2人にこの曲を提案し、承諾された。

それからの私は、『少女時代』のシングルCDを買い、何度も何度も聴きながら、メロディを譜面に書いた。

そして、せっかく3人で歌うのだからと、サビの部分はメインメロディーに加え、下と上にハモリのパートを作った。

今思えば、この私の提案に付き合ってくれた友人2人にも本当に感謝している。2人はこの私の、異様に熱の入った『少女時代』3部合唱の練習に付き合ってくれたのだから。

そして発表の日、各グループ、いろいろな形式の発表があった。ヴァイオリンとバレエのペア、3ピースのバンド演奏したグループもあったと思う(なんか、みんなも凄い特技の披露!)。

そんな中では、私たちのアカペラ3人合唱というのはとても地味だったと思うが、ハモリが綺麗だったと、先生や他の同級生に褒められ、発表した後、3人とも大いに興奮したことを覚えている。

そして私は、この時の経験を通じて、世の中には原由子さんのように「自分で歌詞もメロディーも作って、そして歌っている人がいる」ということを、強く意識するようになった。

いつしか、「私も、自分で作った歌を発表してみたい。」と思うようになっていた。

つづく

広島ブログ
1日1クリックでランキングUP★励みになります↑

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

TO TOP

「Shall we sing?」第4話

~ひがし野ひろしま市編~
お母さんシンガーソングライター 始まりの物語

※フィクションです。登場する人物や地名は実際のものとは関係ありません。


第4話:かして どうぞ


息子の名前は和宏(かずひろ)という。

夫の両親が、夫の名前を付けるときに、自分たちの名前の響きを一字ずつ入れて名前を付けていたので、私たち夫婦もそれに習い、「広子(ひろこ)」と、夫の「一彦(かずひこ)」の名前から、一字ずつ響きを取って命名した。意外と簡単だ。

和宏は、平成18年4月1日生まれ。4/1というと、学年で一番最初生まれ?と思われるかもしれないが、実は、日本の学年で言うと、学年で一番最後の生まれの子となる。和宏の年でいえば、平成17年4月2日生まれ~平成18年4月1日生まれまでが同学年となるのである。

あと数時間お腹の中に居れば、次年度の学年最初生まれとなっていたのだが、、、どっちが彼にとって得?だったのかは、わからない。今のところ幼児の彼は、何をするにも月齢で扱われることが多いので、特に同学年の子との差異を意識する機会は少なかったが、子育て広場などで同学年になる子と出会うと、幼児の頃の12か月の心身の成長幅はかなり大きいと思った。

さて、初期登録をした子育て広場「夢★もくば」には、かなりの頻度で通っていた。

和宏のお気に入りのおもちゃコーナーは、木の電車のおもちゃと、トミカがあるエリア。

++
しまひろこ楽曲のCD/1曲ダウンロード 試聴はこちらから♪
http://shimahiroko.com/?page_id=75
++

このおもちゃコーナーは、男の子に人気だ。和宏も、限られた木のレールを自分なりに組み合わせて、毎回違うコースを作り、新幹線を走らせている。

さらに、このコーナーには、トミカもあった。3段引き出しのあるプラスチックケースの中には、とても綺麗なトミカが勢揃い。男の子たちの目が輝く。棚の横にたたんであるトミカタウンの敷物を広げ、その上で、車を走らせて遊ぶこともできた。

このコーナーだけは木の柵で囲われており、私も柵の中に入り一緒に遊ぶこともあったし、他のお友達も入ってきてスペースが必要な時は、私は柵の外で見守った。

他のお友達が入ってきた時、私がちょっとドキドキして見守っていたのは、新幹線の行方。3両がつながる形の新幹線は、1セットしかなかった。

和宏はお気に入りの新幹線を手にすると、絶対離さず、他の子と取り合いになることも多かった。

じーっと順番を待っている子。

「か~し~て~!」と、声をかけてくる子。

そう言われても、自分のお気に入りを手放せず、遊び続ける和宏・・・。

私の方が見ていられず、

「かずひろ~、新幹線くん、他の子にも遊ばせてあげようよ~。『ど~う~ぞ~』だよ~。」

と私が割って入ると、和宏は取られまいと新幹線を手に背を向けている。

「かずひろ~、 『ど~う~ぞ~』だよ~。」

ここで、私が我慢できなくなり、無理やり新幹線を奪ってお友達に渡そうとして、何度、和宏と格闘したことか。。。

結局、おもちゃを取り上げられて、怒って泣く和宏を横目に、お友達もどこかに行ってしまったり、私たち親子もいそいそと帰ることになってしまったり。

どうぞが出来なくてイライラしたり落ち込んだりしているのは、結局私なのだ。

そんなある時、岡地さんが傍にやってきて

「いいんよ~。ひろくん、まだ遊びたいんだもんね~。もうちょっと〇〇くん、待っとってね~。ひろくん、もうちょっと遊んだら、どうぞできるかもしれないからね~。」

と、明るく声をかけてくれた。

そうやって救われたのは、おもちゃを奪われなかった和宏ではなく、私の方だった。

「まだ一人遊びが好きな頃だもん。それにひろくんは、本当にこの新幹線が好きよね~。どうぞするのは難しいときもあるわよ~。」

広場には0~3歳児対象の親子がやってくる。ちょっと月齢が違うだけで、そして環境によって、心や体の成長段階は様々。初めての子育てでは、まだできないことのへ不安や焦りが、ママをじわじわと苦しめるときがある。

そんな時、こうして一緒に子どもの成長を見守り、声をかけてくれる年長者の存在は本当にありがたかった。

和宏はまだ1歳半を少し過ぎたばかりだ。色々できなくて当たり前だ。できないことを許せないでいるのは私の方。もっとゆったり、今の和宏を見守ってやりたい。

もちろん、その後も「夢★もくば」では、うまく遊べる時も、遊べない時もあった。それでも、家の中で二人きりで過ごすより、ずっとずっと楽しくて、苦しい気持ちになる時も、ずっとずっと楽だった。私たち親子にとってはかけがえのない居場所であり、『もうひとつのお部屋』として通い続けた。

++
『夢木馬』 作詞作曲しまひろこ

となりのお姉さんも ちょっと前までは君と同じ
「かして」「どうぞ」が上手く 出来なくて泣いてた

だから君もね ママも 心配しないで
もう少し時間が経てば大丈夫

ユラリゆら ユラリゆら ゆっくり大きくなぁれ
ゆらユラリ ユラリゆら 元気に大きくなぁれ

申し遅れましたが 私はこのお部屋で
一番古いおもちゃの木馬です

たくさんの親子を見守ってきた私です
良かったら君も 背中に乗ってごらん

ユラリゆら ユラリゆら ゆっくり大きくなぁれ
ゆらユラリ ユラリゆら 元気に大きくなぁれ

今日は誰の夢乗せて 揺れる夢木馬

LaLaLaLaLaLaLaLa……

undefined

++

つづく

広島ブログ
クリックでランキングUP★励みになります↑

小説「SHALL WE SING?」~ひがし野ひろしま市編~インデックスページへ~

TO TOP